そのような物を書くという機会

私は体が弱かったけど、文字を覚えるのは他の子よりも早かったです。

東京 デリヘル

3歳の頃には既にひらがなもカタカナも読めるようになっていました。

そんな私は子供の頃から文章を書くということが好きでした。

今でも文章を書く趣味は継続中です。

文章を書くのが苦手という方も中にはいるかも知れませんが、個人的に今の若い世代には私と同じように文章を書くのが好きという人は多いのではないかと思います。

理由はインターネットがあるからです。

メールを書くのもブログを書くのもツイッターでも、文章を書くということが大前提です。

因みに私の母は文章を書くことが大の苦手です。

恐らく母の若い頃にはインターネットの文化がなかった為と思われます。

インターネットがなくても趣味で小説や手紙など、文章を書くことが好きな人には書けると思いますが、そのような物を書くという機会が全くない人にとってはメールの文章を考えるというだけでも大変なことだと思います。

もし、今の時代もネットという物が存在しなかったら、文章を書くのが好きという人は本の一部だったと思います。

今私は大好きな文章を書くという趣味を活かして仕事をしていることを凄く嬉しく思います。

これからも長く続けたい趣味です。